光過敏症について




光過敏症の発生には2つの原因が考えられます。
第1の原因は、紫外線の操作が考えられます。
第2の原因は、自己免疫疾患が考えられます。

紫外線について説明する前に、なぜ男性には光過敏症の方が少ないのでしょうか?赤道直下の人々はなぜ紫外線に強いのでしょうか?
現在、紫外線は有害であるという認識が一般的です。しかし天候不良により日照率が低下すると作物は不作になります。紫外線は植物にとっては必要なエネルギーであっても、人間にとっては有害という事がありうるでしょうか。
紫外線を機能別に分類すると
①2700〜2900Å(オングストローム)→この紫外線は色素沈着、老化促進、サンバーン(日焼けによる炎症)を発生させます。
②2900〜3300Å→この紫外線は人間が作ることのできる唯一のビタミンであるビタミンDを形成させます。
③3300〜4000Å→この紫外線はメラトニン(睡眠誘導)セロトニン(若返り物質)皮膚免疫性の向上、自然治癒力の向上、サンタン(色黒)を促します。
皮膚が紫外線を浴びると角質の厚化と同時に、メラニンの増加(色黒)を促します。結果、2700〜2900Åの紫外線の皮膚への侵入が遮断されます。しかし、紫外線吸収剤(2900〜3300Å)やファンデーション(3300〜4000Å)を使用した場合2900〜4000Åの紫外線が遮断され、逆に2700〜2900Åの紫外線が皮膚に侵入しやすくなり、光過敏症発生の大きな原因になります。
化学物質や重金属(顔料)の影響により好中球が破壊されると皮膚免疫性が低下し、カビ・細菌・ウイルスに対する抵抗力を低下させます。この状態を防ぐために好酸級がインターロイキンとゆう物質を放出し、好中球を活性化させます。この働きが過度になると好中球があらゆる物質や刺激を敏感攻撃すると自己免疫疾患を発生させます。光過敏症自己免疫疾患の一つです。
光過敏症は今まで肌の手入れ方法に問題があったことを意味します。改善の一歩は悪化物質の中止でく。具体的には紫外線吸収剤、顔料、石鹸、無添加製品等です。加えて理学美容の目的である皮膚免疫性の強化、自然治癒力の強化です。人類が500万年の進化の中で獲得した紫外線に対する対応能力(2700〜2900Åの遮断)を活かすことが最大の解決方法です。

favorite core

香川県高松市でアレルギーや過敏症、脱毛症(円形脱毛)や抜毛症など頭皮や頭髪に何らかの悩みやトラブルを待たれている方や、がん患者さんで抗がん剤治療のため医療用ウイッグが必要な方が気兼ねなく通っていただける美容室です

0コメント

  • 1000 / 1000