抜毛症

こんにちは!

香川県高松市の理学美容師*髙橋*です。


自分で自分の髪を抜いてしまう『抜毛症』について!




抜毛症(ばつもうしょう、Trichotillomania、トリコチロマニア)とは、正常な毛を引き抜いてしまう性癖によって脱毛斑が出現する精神疾患。抜毛癖(ばつもうへき)とも呼ばれ、また主に頭髪を引き抜く症例が目立つことから禿頭病(とくとうびょう)とも呼ばれる。DSM-IVやICD-10では、衝動制御の障害に含まれる。本人が全く自覚せずに、無意識のうちに抜いている場合もある。 人によっては症状が5.6年経っても治らない人もいる。

一説によると人口の0.5〜2%が抜毛症だとされる。しかし、医者の考えや判断によってこの割合はかなり変化するため、あまり正確な情報ではない。小学生から思春期の女子に多いが[2]、成人も発症する[1]。頻度としては円形脱毛症の10〜20%であるが、抜毛行為自体は学童期の癖としてはかなり多い。また、家庭や学校での人間関係で悩んでいる場合が多い。知能低下はないことが多い。大人しい内向的性格に多いとされる。

脱毛斑は手の届きやすい前頭部に多い。前の方が利き腕側に偏って脱毛し、直線上の脱毛斑になる。毛の太さも正常で抜けやすさはない。毛を食べてしまう食毛症を合併している場合がある。 また、頭髪のみならず、眉毛やまつげなどの体毛を抜くこともある。脱毛に因る地肌の傷が出来た際、かさぶたを無理にはがして食べることや、爪噛みをして爪を食べることも、広義においては認められる。



Wikipediaより抜粋


抜毛症でお悩みの方!


☑️ 髪を切りたくても美容室に行きづらい


☑️ 症状を見られたくない


☑️ 個室の美容室を探している


などでお困りに方、ご相談下さい。




favorite core 

      the time it takes your beauty... 

 Address:香川県高松市中野町12-13 

Phone:087-862-1086 

Mail:favoritecore@gmail.com 

HP:favoritecore.storeinfo.jp 

営業時間 Open:9:30 close:18:30 

定休日:毎週月曜日

 ※駐車場有

 ※完全個室完備



favorite core

香川県高松市でアレルギーや過敏症、脱毛症(円形脱毛)や抜毛症など頭皮や頭髪に何らかの悩みやトラブルを待たれている方や、がん患者さんで抗がん剤治療のため医療用ウイッグが必要な方が気兼ねなく通っていただける美容室です

0コメント

  • 1000 / 1000